B工事を理解しておけば必要以上の工事費用を請求されにくい

SITEMAP

B工事

B工事で多々見受けられる問題点

作業員

建物所有者が指定した業者がB工事を行うことは、合理的であるかのようにも見えます。しかしながら、テナントの運営者や入居者が、B工事の費用を建物所有者の指定する業者によって否応なく決められてしまうという問題点が生じます。指定業者があることによって、ほかの業者での見積もりができないため、競争原理の点で費用面の交渉が不可能であることが問題点です。そして、建物所有者からしてみれば、入居者が工事費用を負担するために、我関せずと言えます。
したがって、競争原理の点からも、指定業者がする工事であることから、工事費用が高くついてしまいます。B工事が、通常の工事費用の1.5倍から4倍ほどかかるとされていう事態に陥っています。他方、C工事とは、B工事同様に入居者が発注し工事費用を負担するというものですが、建物所有者の許可を得れば、入居者が業者を指定できるという工事です。そして、A工事やB工事と異なり、入居者に所有権があります。
C工事ができる場合とは、建物全体の安全性や工程から乖離した内装などに係る部分に対してです。内装工事以外では、什器や照明、それに電話工事などにおける場合です。上記のような区分は、事案によって異なることから、当該建物の所有者に確認しておくことを要します。

B工事のデメリットとは

A工事、B工事、C工事というように区分されるのですが、工事代金を下げるためにできることは、なるべくC工事の割合を増加させることです。C工事においては、業者の選定を入居者が行うことが可能であるために、複数の業者から見積もりを取ることが可能です。そのために金銭面において、優位な業者を選定できるばかりか、良い業者も選定できると言えます。
工事区分は、ビルなどの建物や、ショッピングセンターなどによって差異があるために、交渉を巧みにしていくことが肝要です。工事区分において、C工事の割合が高ければ、工事費用を大幅に減少させることにも繋がってきます。したがって、C工事の割り当てを増やすように交渉していくことが、工事費用の節約になってきます。
B工事に関して金銭面で交渉することも、金銭面の節約に有効であると考えられます。具体例を挙げれば、もし、C工事を発注する業者に、B工事に関する見積もりを取ってもらうなどして、建物所有者の選択したB工事の業者と金額などについて交渉してもらうのも良い方途と言えるでしょう。
A工事、B工事、C工事といったような工事区分は、耳慣れない言葉ですが、理解しておくと、テナントを運営していく際に役立ちます。特にB工事とC工事との区分について理解しておけば、必要以上の工事費用を請求される可能性が減少します。

店舗の入居後に問題となる事項

入居するオフィスを選択するに際して、賃借する建物を選択しなければなりません。この際には、どのような場所へ入居するのかを見極める必要があります。よくあるパターンとして、見栄から高層ビルにオフィスを構えたり、その一方で、賃料の低価格さがゆえに、雑居ビルを選択する場合が多いように見受けられます。この際に知っておくと良い事項があるのです。
オフィスや店舗として、入居する際に工事を要する場合には、自由自在に施工できないことが多いです。建物のオーナーによって指定された業者によって工事する仕組みになっています。もし、入居者の知り合いに懇意にしている施工業者がいるのであれば、低価格かつ安心して施工を任せられるにも関わらず、建物のオーナーによって指定された業者に施工されることを要します。これをB工事と言います。
建物のオーナーからしてみれば、入居者の知り合いの業者によって、万一自己の所有する建物に傷でもつけられてしまえば、損害賠償などの問題にも発展しかねません。入居する前の段階からこのように事態に陥っているのであれば、入居後もトラブルにまみれることは目に見えています。このようなトラブルを防止するために、賃貸借契約書などで、B工事に関する取り決めがなされている場合が多いです。しかし、あくまでB工事の理論上の話であるため、実際の施工においては、建物のオーナーと相談する余地がないではないでしょう。

RECENT ARTICLE

B工事の前に知っておくべき、A工事の詳細

A工事、B工事、C工事の違いとは、発注者と、発注先(工事の施工業者)、それに工事費用を誰が負担…

Button

B工事とC工事についての詳細

B工事についての解説の前にC工事について説明します。C工事とは、店舗側で出資及び発注、工事業者…

Button

B工事となる場合とは

B工事は、A工事やC工事と比較すれば、容易に理解できます。B工事に関しては、A工事やC工事と比…

Button

B工事をする上で留意すべき事項

B工事は、店舗側の意向によるものであるので、店舗側が工事費用を出資しなければなりません。しかし…

Button

» SITEMAP